東京は寒かった

東京は雪、しかも大雪!でした。あ゛~寒かった。
見て!この大きな雪ダルマ!立派でしょう。近所では、子どもたちの雪合戦で大騒ぎ!
でも、猫はコタツで丸くなる~♪と。
さ~て、これから雪かき大変です。
e0101312_22541636.jpg

かまくらもできました。子どもたちが一日中大賑わいでした。
e0101312_21582135.jpg

新宿駅はご覧のあり様です、ここはどこ?函館?旭川?それとも松之山?
温泉にでも浸かって暖まりたい気分です。
e0101312_22543576.jpg

この雪、あすの選挙にどう?影響するのでしょう?吉とでるか?蛇がでるか?
[PR]

# by morimiki-momo | 2014-02-08 23:00

別府は暑かった!

別府大分マラソンに出場してきました。
昨年は怪我で棄権でしたが、今年は何と原因のよく分からない風邪に!よくもまあ、アクシデントが続くものです。これも試練と受け止めましょう。
当日は、走れるのかなあ?と出場を迷いつつも、神様に「完走させて!」とお願いし、どーにかこーにか完走することができました。気温もグングンあがり、別府はとても暑かったです。
記録としては不満ですが、体調不良の中、走り切れたことには感謝です。完走タオルも頂けましたし。
街中で応援して頂いた皆さま、顔を見ている余裕もありませんでしたが、声援は届いておりました。
感謝ですよ~。
e0101312_2014582.jpg
e0101312_20151076.jpg

また、別府と言えば温泉!
今回は、竹瓦温泉に行ってきました。歴史の風情を感じる立派な建物の中にある温泉は最高!
泉質が本当に良く、疲れた体を癒すには申し分ない温泉でした。是非、オススメの温泉です。
e0101312_20181814.jpg

オススメと言えば?都知事選、宇都宮候補張り切っていますねえ。
宇都宮市の餃子は首位を奪還しましたからねえ。
[PR]

# by morimiki-momo | 2014-02-03 20:30

身土不二

身土不二
e0101312_03538.jpg

成人の日です。
「土に根をおろし風とともに生きよう、種とともに冬を越え鳥とともに春をうたおう」
そう、あってほしいものです。
世の「カエル」や「タガメ」にまけることなく、美しくあれ。
[PR]

# by morimiki-momo | 2014-01-13 00:09

初夢

e0101312_1115467.jpg

新年があけました。しかし、おめでたい感じが全くなし。近所の由緒ある神社で一夜を過ごしましたが、私の心象は写真のようです。私の心も焼き尽くされているので、燃えさかる炎を見ている方が、心がなぜか落ち着きます。

さて、珍しく、初夢をみました。夢自体、10年くらい、覚えていることもなかったのですが、どういうわけか?今年に限ってはっきりした初夢みました。早速、夢占いで夢にどんな意味があったのか?調べてみました。
すると、大筋では、
「あなたが目指すこと、求めていることが手に入れられず焦っているのかも。しかし、目標に向ける意欲はあふれている。目標を達成するだけの行動も伴う。少しずつあなたの目指すものへ近づいている。あなたの求めていること・望んでいることがいずれ叶う。ただしかなりの努力が必要」
というものでした。
思わず、なるほど~と納得してしまいました。
「いずれ叶う・・・かなりの努力が必要」
・・・
かなり大変かあ~、ああ、今年も大変そう。
厳しいけど、でも、根性で努力すのよ!
[PR]

# by morimiki-momo | 2014-01-02 11:19

さよなら2013年

2013年もあと3日でお終いです。今年は、本当に、公私ともとんでもない1年でした。
正直、がっかりの1年でした。
政治経済は、わけのわからない醜態が続いていますが、企業や組合もどっこいどっこいで、世間ではブラック企業と騒がれていますが、その対抗勢力であるはずの組合もブラック組合だったりしてでがっかりですね。わたる世間は正しい顔した悪魔ばかり。
さて、来年はどうしたものか・・・。あ~ばかばかしい!
[PR]

# by morimiki-momo | 2013-12-28 00:22

本の紹介:2013年、私の記憶に残った10冊。

本の紹介:2013年、私の記憶に残った10冊。

 初めての皆さんも、常連の皆さんもこんにちは。恒例となった?年末年始のあ
いさつがわりの本の紹介です。
 2013年は、どいつもこいつも嘘で固めたとんでもない1年でした。私は、
心底、怒り狂っているため少々壊れてしまっております。
 さて、来年はどんな年になるのやら?そんな気分ですが、それでもでも、近所
の公園で、3歳くらいのお子さんが、自転車に乗ろうと、何度転んでも何度ころ
んでも何度転んでも無心で立ち上がってはこぎ続ける姿を見ていると、とても感
じ入るものがあります。よいお年を。 


1、踊ってはいけない国で踊り続けるために 磯部涼編著 河出書房新社 16
00円 
 風営法の取り締まりが強化され、踊ってはいけないとの管理が強化されてきて
いる。そうした中、そんな状況でも踊り続けるにはどうしたらよいかと問う本。
「風営法?そんなの関係ねえ~」と思った人に是非読んでほしいと思う一冊。な
ぜならこの本は、取り締まり法全般に対するテーゼが強く意識されているから。
 先に特定秘密保護法が制定され、治安維持法の復活だとの話しが盛り上がった
が、治安維持法は風営法という形でずっと日本に存在し続けているということを
お忘れなのでは?何十年もの間、御上のさじ加減で逮捕されたりされなかったり、
何が基準かよくわからない状態が続いているというのに。御上の優越的思想がこ
こに生き続けている。

2、写真集「ゆりだんし」 マイウエイ出版 1886円
私の知り合いの写真家が出版した〔男の娘〕の写真集。知り合いだから~とい
うわけではなく、時代の象徴とも思える今だからこその写真集として特に印象に
残った一冊。写真集に収められている娘さん方↓は、普段は平凡な男性の方々。
たたかわないたたかい方というのもありかなあと。
http://www.youtube.com/watch?v=lleuDtsWH8U

3、日本人は民主主義を捨てたがっているのか? 想田和弘著 岩波ブックレッ
ト 600円 
 民主主義が危機的状況にあるなか、どうすべきかを問うた本。短い文章だが、
要点をついたアプローチは実に興味深い。特に「消費者民主主義という病」とい
う分析は興味深い。

4、うつに非ず 野田正彰著 講談社 1300円
 メンタルヘルスという言葉が多様され、なにかと言うと、うつ病、うつ病の今
日だが、うつ病の原因はまだ詳しくは定まっていないという。野田氏は、医療の
現場での製薬会社の販売促進の動きと、うつ病概念拡大の連動性を指摘。そして、
社会問題を個人の病気にすり替えるとの指摘も。貴重な指摘が満載の本。
 私は野田氏の指摘に賛同したい一人だ。理由はいろいろあるが、私が若い頃、
精神科医で都立松沢病院長を務めた金子氏の自宅でゼミを受けていたということ
もある。金子氏は日本労働者安全センター等で三池炭鉱での中毒患者を支援、イ
ヴァン・イリッチ氏の翻訳(脱病院化社会ー医療尾限界)でもしられている。金
子氏が存命であったなら・・・と思うと残念でならない。

5、「つながり」の戦後文化誌 労音、そして宝塚、万博 長崎励朗著 河出書
房新社 2200円 
 労音の歴史を大阪労音の話しを中心に記した本。へえ~、そうだったの!と思
わず仰け反ってしまう話しが盛りだくさんで非常に面白い。なかでも「キッチュ」
の視点は非常に興味深い。

6、石田徹也ノート 石田徹也著 求龍堂 3000円
 31歳で亡くなった画家・石田氏の作品に、解説と本人直筆の文が加わった本。
絵だけであれば、先に出版されている「石田徹也遺作集」の方が見やすかったと
思うが、それでもやはり石田氏の絵は見る者の心を大きく揺さぶる。石田氏には
生きていてほしかったとつくづく思う。まずは、↓ごらんあれ!
http://www.tetsuyaishida.jp/

7、知られざる白川郷 馬路泰藏編著 風媒社 800円
 世界遺産に登録され大勢の観光客で賑わう白川郷。だがそこは、かつて火薬原
料の産地であり、戦国時代の火縄銃などをささえていた村であったことを明らか
にしている貴重な本。その火薬も蚕からつくっていたというから驚きだ。まだま
だ、知らないことがたくさんありそうだ。

8、どっこい大田の工匠たち 小関智弘著 現代書館 2000円
 中小企業が多いところとして有名な東京都大田区。その町工場の技術が日本の
飛躍を支えていると、大田の工匠の中から15名を紹介する本。最前線の技術を
持てば、中小でも活躍できるという物語は理解できるのだが、その一方、最前線
をいかなければ生き残れない社会というのもどんなものなのであろうかと考えさ
せられる。

9、ノーモア立川明日香 小川善照編著 三空出版 1200円 
 新座市議に立候補して当選するも、居住実態がないとして当選無効とされた立
川氏の背景を取材したルポ。そんな立川氏は施設出身。立川氏曰く「施設の子っ
てグレないんですよ。だって心配してくれる人なんていませんもん」と。里親制
度の普及等に力をいれたいとしている。

10、15歳からの労働組合入門 東海林智著 毎日新聞社 1400円 
 労働現場の実態から労働の尊厳を取り戻そうと呼びかけている本。本の詳細は、
このメーリングリスト(レイバーネットML)で流れている事項とかなり重複して
いるので、特にコメントしません。詳しくは、執筆された東海林さんご本人から
聞かれた方がよいかと思いますので。〔※他のML等でこちらをご覧になっている
方には何のことやらで申し訳ありません〕
[PR]

# by morimiki-momo | 2013-12-28 00:05

湘南国際マラソン

湘南国際マラソンいってきました。
こんなに来るんですね!もータイヘ~ン。
私は、前日に膝の怪我(事故)にあい、今回は参加はしましたが、ジョギングペースで終えました。
(実はかなり痛かったのですが、それでも生きてる痛みということで、どうにかしました)
それにしても、すごい人・人・人です。
スタート時の徳光さんのニューヨークへ行きたいか!には笑えましたよ~!。
e0101312_20262822.jpg
e0101312_20265729.jpg
e0101312_20273479.jpg
e0101312_20275662.jpg

[PR]

# by morimiki-momo | 2013-11-03 20:30

いのちとくらしを守る10・27団結まつり

いのちとくらしを守る10・27団結まつり

●10月27日(日)10時より15時まで
江東区亀戸中央公園A地区にて開催!
http://www7.ocn.ne.jp/~maturi/
e0101312_1125226.jpg

[PR]

# by morimiki-momo | 2013-10-25 11:24

石田徹也展見てきました

石田徹也展を見てきました。

石田さんが他界してから早8年、画集では見ていましたが実物の絵を見るのは初めて。
実際に見ると想像以上に緻密で繊細ですね。

石田徹也展 ――ノート、夢のしるし
e0101312_1102051.jpg

[PR]

# by morimiki-momo | 2013-10-14 11:00

新宿

新宿というと、高層ビルと思われがちですが、実際にはかなり田舎なのですよ。
e0101312_1324664.jpg
e0101312_13212870.jpg
e0101312_1322090.jpg

[PR]

# by morimiki-momo | 2013-09-22 13:22