<   2007年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

小田実氏

e0101312_145236.jpg

小田実氏が他界したとのニュースが流れる。
なんだか速いなあ・・・。
小田氏と特に関係があるわけではないけれど、関係ないか?というとそうでもない。
今から20年ほど前、テレビカメラを担いで、初めてインタビューしたお相手が小田氏だった。何を話したか、もう全く覚えていないが、エライ顔がデカイ方・・・という印象だけが鮮明に残っている。それ以来、私のなかでは顔のデカイおじさんでありつづけた。今こうして写真を改めて見てみると、やはり顔がデカイ。きっとあの世でも顔がデカイのだろうなあ・・・と妙に納得。

合掌
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-31 01:30

ジブリの絵と参議院選

e0101312_03651.jpg

 ジブリの絵職人「男鹿和雄」展にいってみた。多少の混雑は予想していったつもりでしたが、ナント、入場2時間待ち!参議院選挙の投票入場が待ち時間ゼロ分だったのと比較すると雲泥の差。やはり、男鹿氏の絵には人を魅了してやまない何かがあるのですね。そこへ行くと、参議院選は列ぶ価値なし・・・ということなのでしょう。民主・自民の逆転はあったものの、投票率は伸びず状態。男鹿氏の絵と、参議院のセンセを同列に比べちゃいけないのかもしれませんが、やはり差が歴然としていたように思えました。男鹿氏の絵は、基本的に、樹木が多いわけですが、絵を見ていると、強い思想性と緻密な技巧が入道雲のようにモクモクと湧いてくる。2時間列んだことが、まったく苦にならない。考えさせられることが多々ある。足を運んで良かったと思うことしきり。それに比べて、参議院選挙戦では各政党が政策を訴えてはいたわけですが、しかし、どの政策を耳にしても、大した感動も感心も湧いてこない。平和な社会・安心した暮らしとの叫びも、やはり何かがたりない。美術館内では男鹿氏の絵の制作過程のビデオが流されているのですが、その過程はとても洗練されていて、行き当たりばったりの小手先戦術した打ち出せない政党との差がよりはっきりと見えてくるから不思議、不思議。やはり、2時間行列させられても投票に行きたい!と思わせる政策を打ち出さない限り、世の中も、人も動かないですね。カンバンが変わっただけじゃ意味はない。小手先の政治ごっこは止めにしましょう。つまんないもん。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-30 00:04

夏です

e0101312_23595678.jpg

夏です。ひまわりです。
e0101312_002919.jpg

なにも、こんな風に刈らなくても・・・。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-30 00:01

お祭りDAY

参議院選挙投票日前日、東京はお祭りDAYでした。選挙が先か!お祭りが先か!?お祭りが先か!選挙が先か!
e0101312_11294795.jpg

e0101312_11302062.jpg

e0101312_11305350.jpg

e0101312_11312742.jpg

e0101312_1131587.jpg

[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-29 11:38

ネットカフェ

e0101312_20101954.jpg

相変わらず、ド派手なお車。
この車の運行計画ってどうなっているのだろうか?といつもおもうのですが、道路交通法的にドーなのでしょうかと・・・二酸化炭素もいっぱい出るのにねえ。
まあ、それはさておき、ネットカフェ問題です。
マスコミではネットカフェ問題!ネットカフェ問題!と、ネットカフェ業界から広告料でももらった??のかいと言いたくなるくらいのあふれる宣伝にゴッツアンですって感じなのですがドーなのでしょうか???
家がなくネットカフェに泊まり続けている人がいるからと、テレビでネットカフェ!を連呼したところで何も変わらないのではと思うのですが。少々筋違いなのではと。ネットカフェに人がいるのは、多少なりとも居心地よくいられるからなのであって、他がとても居心地が悪いということの裏返しであって、居心地の悪い方を問題にしないというのは非常~にへんなお話だと思うわけです。
賃貸住宅問題とか、会社の寮の問題とか、そういう類の話しですよ。
巷の不動産屋さんの保障人システムや敷金・礼金システム、始めから年収○○万円以上でないと入居させないと密かに決めてる妙な不動産屋など、敷居の高い不動産屋の多いこと多いこと。公営住宅は建て替えて家賃を高くして、これまた敷居を高くしているし。海外では住宅はタダ!という国もあったりするのに・・・。どこにも住めないように誘導してるのは、誰なんだっちゅう~の。日本では、別に部屋そのものが無いわけじゃ決してない。お部屋はたくさん空いている。ただ、空いてるお部屋に、あーだこーだ屁理屈を並べてるだけ。ず~っと空いてる部屋なんか、ただで入居させたって大した問題にはならないはず。ずーっと空き部屋なんだもの。
もし、何の住宅政策も、誰も取らないというなら、いっそのこと、ネットカフェでも住民票が取れるようにしたらどう?ついでに郵便も配達して欲しいな。電話はネットでつながるから、あとは布団ひいてくれれば、とりあえずは完璧!あとは家を建てるだけ!
だいたい、一般サラリーマンの職場なんて、ネットカフェそのものじゃないですか!?パソコンがあって、空調が効いてて、時々コーヒーが飲めて、時々ソファーでごろ寝ができて、霞ヶ関の厚生労働省だって、朝まで徹夜して、ゴロゴロしているなんてよくある話しじゃないですか。そうか、厚生労働省も経済産業省もネットカフェだったのか!ナルほど~~。ナットク~!
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-27 20:53 | 社会

公選ハガキ

生まれて初めて「公選ハガキ」(選挙期間中に届く、公の投票依頼のハガキのこと)を頂いた。しかも複数。今まで自分で書いて出したことはあっても、いただくことはなかったので妙な感じ・・・(笑い)。なんだか、ノビノビして気楽で良いな~。いろんな政党からきたので、よりどりみどりで楽しい感じ。選択肢が広がるって、得した気分(気分だけなんだけど)なのね。ポストに入っていると、なんだか新鮮な気がするから不・思・議!でも投票するかしないかは別問題なのだけれど。誰にしようかな~っと。
やっぱり弱きの見方!だよね。というと
ウルトラマン?仮面ライダー?セーラームーン????
うぅ~ん・・・
よーく考えよう。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-25 23:28

タマや~

e0101312_21281657.jpg

タマや~
といってもネコではありません。
花火です。
小雨が降っていますが、花火の季節です。
今、何月?なんだろう??
変わったことが毎日のようにあるので、今がいつ?なんだか見失ってしまいそう・・・。
アブナイ、アブナイ。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-23 21:30

映画「TOKKO(特攻)」

e0101312_117468.jpg
e0101312_1173511.jpg
e0101312_1181344.jpg

映画「TOKKO(特攻)」を見てみた。第二次世界大戦時の神風特攻隊(戦闘機に軍
人が乗ったまま敵に体当たりして爆死する)を描いた映画だが、映画を見ている瞬間
はそうでもなかったが、見終わって暫くして、徐々に気分が重たくなってきた。映画
そのもの云々というより、自分の加害者性が浮かんで来たからだ。私自身は、もちろ
ん、戦後生まれであり、軍隊に所属しているわけでもなんでもないわけだが、かつて
の特攻隊員が、自身の意志がどうこういうまえに、行かざるを得なかった事態に追い
込まれていった・・・、そして今再び、人々に有無を言わせない強権政治がはびこり
つつある事態が見事に重なって見えてくるからだ。国会では、頭数さえ揃えば、議論
もろくにせずに強行採決で軍法整備に突き進んでいっている。その姿は、特攻への道
そっくりだ。そして、その流れを止めきれない、弱虫な自分が今ここにいる。その自
分に腹が立つ、というより不快感を感じるからだ。小さい悪は身のまわりにたくさん
ある。大したことがないと言えばそれまでなのかもしれないが、小さい悪を止めきれ
なかった積み重ねは大きな悲劇を生む。今話題の年金問題もそういうことだろう。か
つての志願兵募集のポスターや特攻を祝う寄せ書きが何かをもの語っている(写
真)。これらは戦前のものだが、今こうして見ていると、今、自分がその場に遭遇し
ているようでならない、というか、している。突撃して亡くなられた方々に申し訳な
いという感情が湧いてくる。なさけない次世代ですまないと思う。ごめん。でも、日
本を自爆テロ先進国にはさせたくない。海樹、ちょびっと頑張る。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-23 01:22

ワルツ

ワルツといえば~~ズンチャッチャ・ズンチャッチャ・ズンチャッチャ~
ブンタッタ・ブンタッタ・ブンタッタ~~?1・2・3にアン・ドゥ・トロワ~?
今や、スタンダードというか、やや古典の域に近づきつつあるダンス&ミュージックですが、歴史を紐解くと面白いですねえ。
ワルツは、パリでは、労働者デモ行進の際にも踊られるものだったとか。ふ~ん。
パリ・コミの歴史はこんなところでも継承されていたのですね。なろほどー。
人間の内面はどこまでも自由というわけね。
レイザーラモンHGじゃないけど解放のフォ~を凱旋門の下あたりで謳歌したのですね、きっと。
そんな歴史を「ジョリ・モーム」(フランスのちょっとした演劇集団)なんかがキチンと受け継いでいるというわけですね~。
うむむ~。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-18 19:49

パチンコ玉

パチンコって人生と似ているというか、人生を真似たのがパチンコっていうか・・・、
台の上から星の数程のパチンコ玉が生まれて出て来て、そのほとんどの玉が釘にあたって、ぶつかって、玉にもまれて、はしゃぎまくって、気がつけば台底に吸い込まれてご臨終。ほんの少しの玉だけがチューリップに入ることができて次の世代を形成できる。ラッキーゾーンに入ることのできるパチンコ玉は、東大卒か、大富豪かってところです。パチンコもやれば面白いのだろうけれど、でも、やはり、私はパチンコはやらない。
なぜなら、私自身がパチンコの玉そのものだから。玉砕しないようにがんばりましょうっと。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-07-16 22:18