日本酒といえば花宝

e0101312_22354484.jpg

日本酒と言えばやっぱり「花宝」(かほう)!でしょう。
私の田舎の隠れた名産品。でも、日本酒通だと自慢する人のほとんどが知らない。それもそのはず、量産できないので市場に回ることは滅多にないからなのです。ほとんど非売品に近いといっても良いくらいです。地元の人ですらほとんどしらない名品中の名品。一口含めば口の中に花が咲く!ホントに桜の花が口の中で開花するような感じのお酒なのです。私は日本酒はそんなに飲まないほうのですが、この花宝は例外です。いくらでものみたい!ただし、値段もはるので、飲んでしまうと財布が続かないのが悔しい。それに、行列しても買えませんしね。
花宝はいわゆる酒どころのものではありません。どちらかというと、お酒には適さない、鉄分の多い水域でつくられているのです。でも、それだけにとても繊細に育てられていて、それがたまらないのです。私はこれ以上の日本酒にお目にかかったことはありません。
ん?買ってほしいって?
だめです、これだけは。
ただし、一緒に飲みにいくだけならいいです。
一口飲むだけでも、このお酒はよほど運が良くないと飲めませんですのよ。
[PR]

by morimiki-momo | 2007-04-20 22:59